漬ける、和える、煮る、炒める・・・・味噌パワー♪


今年のGWも終盤を迎えましたが、みなさんのなかにも、ご自宅を離れていた方も
たくさんいらっしゃった事でしょう?



我が家は、みなさんがリゾートや観光などにお出かけの時期は、
家で大人しくしているのが通例ですので、マムとダデイが出かけたところと云えば、
マコちゃんの家だけでした~♪



そうそう・・・・突然ですが・・・・・、みなさんは、どんなお味噌をお使いですか?



味噌は大豆を主原料とした発酵食品で、昔から日本の食べ物に欠かせない調味料ですね。



大切な栄養源であることは、みなさんも先刻ご承知ですわね~♪



マムの家のお味噌は、マムの実家で作る自家製味噌なので、
時々、野菜やお肉などを味噌漬けにしていただきます。



e0194444_13592726.jpg






米麹から作られる白味噌や赤味噌、麦麹からつくられる麦味噌、大豆を麹に使った豆味噌と、
それぞれ、郷土の味を伝えるお味噌が作られてきました。



昔は保存食品として各家々でも、自家製の味噌をもち、その味を自慢し合っていたそうです。



手前味噌という言葉がありますが、味噌文化から生まれた言葉なのでしょうね?



個性豊かな味噌や、素材の違う味噌を合わせた、「 合わせ味噌 」 は、
味のシンフォニーですわね。

e0194444_1412441.jpg


今日は、モッツアレアチーズを、2日ほど味噌に漬け込こみ、
ちょっと新しいお味のチーズが出来ましたので、味噌チーズ・パスタを
作ってみましたの~~。




e0194444_140470.jpg







マムは、お酢やデミグラソース、マヨネーズと和えて、手作りの和風ドレッシングを
作る事が多いのですが、味噌と他の食材との出会い、もっと、もっと
意外で美味しい取り合わせがあるかも知れませんね?
[PR]

初夏ファッション・・・髪もイメージチェンジ♪


美しい緑の季節が、また、巡ってきましたね~♪



緑の間を吹き抜けてくる風が爽やか、待ち遠しいかった季節です。




e0194444_2064697.jpg





緑の木々の中で、我が家の花壇にも、薄紫のバラの蕾が開きはじめました♪



そんな季節を迎え、誰もが、ヘアスタイルもイメージチェンジしたいと
お思いになられるのでは・・・・・・?



・・・・・我が家のマコちゃんも、このGWにヘアサロン・デビューしまして、
長かった髪を、ボブにしました。



e0194444_20101085.jpg

     
              
      昨日、美容室に行って、髪を切ったのですが、鏡にママとマコが
      映るのがとても楽しくて、キャッキャと遊んじゃいました♪

      でもね、お姉さんが、ハサミを持って、マコに近づいてきた途端に、
      とても怖くなって、泣いちゃいました。
      ママと美容室を出るまで、大きな声で泣き続けちゃいました~!


e0194444_20111416.jpg





マムも、ご多聞にもれず 「 目を魅力的に見せたい 」  「 顔を小さく見せたい 」 
 「 頭のかたちを良く見せたい 」 など、さまざまな欲望がわき上がってまいります(笑




近頃は、そんな、無謀な要望にも応えられる、ホット系パーマが流行をしているそうですね。




我が家の娘がお気に入りは、伊勢丹本店のヘアサロンの 「 システム・キュール 」 です。




ヘッドスパなどのリラクゼーションのメニューも多くて、都心に居ながら、
心身をリラックスさせる事の出来るスパサロンだそうです。




髪の毛のダメージを最小限に抑えて、くせ毛風、ふんわり、ナチュラル、ゆるやかなどの
微妙なニュアンスを演出可能なパーマだそうです。




娘は、学生の頃から、「 社会人になったら、伊勢丹のビューテイパークに行くわ!」 と、
夢見ていただけのことがありまして、今でも、ヘアサロンは迷いません。




娘からの情報ですと・・・・・・なんでも、その 「 システム・キュール 」 が、新しくなったそうです。




大きくてゆるやかなカールもしっかり長持ちしますし、大人の女性に相応しいツヤや、質感までも、
バッチリと期待に応えてくれると云うではありませんか・・・・。



ファッションと一緒にヘアスタイルを楽しみたいマムは、どんなスタイルにするかを模索中で~す。
[PR]

マコちゃん・・・デニムでお洒落♪

マコちゃん・・・デニムでお洒落♪ 2009年 04月 26日

南仏のファッションの街で誕生した、デニムのワンピースを


マコちゃんが着こなしています♪


                           

e0194444_1152853.jpg

    



19世紀に、フランスの 「 ニーム 」 で生れた 「 サージ 」 と、いう生地が、


アメリカや世界中に輸出されて 「 サージ・ドウ・ニーム 」 が、いつの間にか 


「 ドゥ・ニーム・デニム 」 と、呼ばれるようになったそうです。


                             
e0194444_1175970.jpg





インディゴブルーの濃淡の色調と、しっかりした生地の独特の風合いは、


装いを軽快に演出してくれますわね。


マムは、小さなショルダーや、ラウンド・トゥのバレーシューズを持っているのですが、






                            


今年は、思いきって、サブリナパンツと組み合わせて、


70年代っぽいスタイルを楽しんでみようかしら?


そう云えば、娘は、出産前から、マコちゃんのために、少しずつ、デニム小物や


スカートなどを用意していましたわ~。


少しだけ、お姉さんになったマコちゃんの、レディを意識した、初夏のファッションに


組み入れて、優しい眼差しでマコちゃんを眺めています。


これから、お外でのお砂遊びや、お水遊びなど、さまざまなシーンで


活躍してくれること請け合いですわね~。


みなさんは、どんな、デニムファッションを楽しんでいらっしゃるのかしら?
[PR]

緑茶の栄養を丸ごといただきましょう・・・緑の魔法♪


昔から慣れ親しんできた食材や飲み物が、近頃の健康ブームで
脚光を浴びる事がありますが、日本のお茶も、その代表選手と言えますね。



話題になったカテキンやβーカロテン、美容に良いビタミンCを豊富に含むという事で、
今でも、ブームは続いているようです。



緑茶のすぐれた成分を残さずに取る方法としたら、抹茶が最高だと言えそうですわね。




緑茶を石臼で挽いた粉状の抹茶は、茶道のお手前として楽しまれてきましたが・・・・




じつは、茶道って、茶葉に含まれる豊富な栄養素を丸ごと取る事が出来る、
とても賢い知恵だったのですね~。



みなさんの中には、茶せんだけは用意されて、茶器の代わりに使い慣れた器、
茶杓の代わりにティースプーン・・・と、気軽に日常的に楽しまれてる方も居たりして・・・・?




マムは、お菓子や料理に抹茶をプラスして、抹茶入りのケーキや、
温めた牛乳と砂糖を加えて、カフェオレにしていただいたり、
テンプラの衣に混ぜたりと・・・・健康と美容を考えて抹茶メニューを考えたりする事があります。




・・・・・でも、やはり、ドロッとした茶をいただくより、香りや味わいを楽しむ方が好きですわ~。



抹茶マカロンや葛湯、抹茶そばなども美味しいですが、
今日は、何故だか、気分が手伝って、抹茶シフォンケーキを焼いてみました。




e0194444_10431984.jpg



                             

肝心のお味は、レシピどうりにしましたので、とても香りのよいケーキに仕上がりました。




今日の様な初夏の気候には、バニラアイスを添えても美味しいですわね~♪



e0194444_10441118.jpg



そして、もちろん、紅茶はストレートです。
[PR]

知れず咲く、小さな花の命が輝いています♪


風の中に、初夏の香りがするような日曜日でしたが、



みなさんは、どう、お過ごしだったのでしょう~?



マムはと云いますと・・・・・



風邪ひきさんで、1週間も外へ出なかったダデイと、久々に散歩へ出かけました。




e0194444_20163974.jpg





白や薄い紫いろ、ピンクのツツジ、黄色いツツジも珍しかったです♪



道端の、あちらこちらに咲き誇っているようで、あま~い蜜の香りがしていましたわ♪



話しが少しそれますが・・・・・、



花をいけることは 「 自分の思いを心に問うこと 」 という話しを聞いた事がありますが、



みなさんは、どんな時にお花をいけるのかしら?

                            


e0194444_201740100.jpg





そう・・・・・、茶人の千利休だったと思いますが、



「 花は野にあるように 」 という有名な言葉がありますね。



道端に咲く、名前も知らないような可憐な花に心を寄せて、



その美しさや強さを、あるがままに表現できたらどんなに素敵でしょうね~。




e0194444_20181049.jpg





花屋さんに並ぶ季節の花々にもうっとりしますが、



いつものお散歩道や、土手、公園で、人知れず咲く小さな命に触れてみてください。



みなさんも、ご自分だけの春が、きっと、見つかるのでは・・・・・・?



2時間ほどの散歩の後の、コーヒータイムは格別でした。
[PR]

,