立春のガーデンに咲くお花たち


朝早く、ウッスラとはった霜、
ガーデンをまわっていくうちに、
みるみる解けていきます。


e0194444_20183795.jpg


水滴となって木々からポタッポタッと、
落ちるときの音や、キラキラ光る雫が、
あまりにも美しいので写真におさめようと、
したのですが...。

e0194444_20195782.jpg



木の雫に太陽の光が反射して、
赤、黄色、オレンジ、緑に青、キレイに
光っていたのに、写真に撮ると全く
写っていません。

e0194444_20191290.jpg
天然のイルミネーション...
マム一人だったので、誰とも
共有できなかったのが、とても残念です。




特に美しいものを見るときは
誰かと分かち合いたいですよね。




さて、今日の写真は立春を迎えた
マムガーデンの様子でした。


             




[PR]

お嫁さんの美味しい手料理


春の女神があたたかな風を
運んでくれたような日もあれば
一転して寒さが逆戻りの2月1日。




最近は、自転車に乗れるようになりたいと、
夫と猛特訓をしているカズマくんですが、
強風に煽られてひきあげてくることも
しばしばです。




お話しは変わりますが、
先日、息子とお嫁さんが滞在中に
お嫁さんが作ってくれたお料理を
投稿したいと思います。


e0194444_17012910.jpg
e0194444_17020052.jpg

オーストラリアは、日本と違って
電話代がとても安く、ついつい長電話に
なってしまうのですが、それでも、
せっせとかけてきてくれる優しいお嫁さんです。




その彼女がこんな嬉しい話しを
してくれました。

夫が、
出会った頃のまま
何も変わらずにいてくれから、
感謝しているよ。

と、マムの事を息子に話した事があったそうです。




だから、私たちも
そんな夫婦になりたい 
   二人で話していたんですよ。




至らない事も笑い飛ばしてくれる
いつも変わらずにいてくれるのは夫です。




このお話しを綴っていると、
○○さ~ん、今日はカズマを一緒に迎えに行こうよ!
と、夫が車のキーをグルグルしています ^ ^



         






[PR]

ピアノの発表会


先週の日曜日はマコちゃん5回目の
ピアノの発表会でした。

会場は木の香りに満ちた瀟酒な空間で
素晴らしいのひとことです。




娘の話しによると、舞台に鎮座した
グランドピアノは最高級のドイツ製
"スタインベルグ"とのこと。




リハーサルの演奏を終えたばかりの
マコちゃんの神妙な後ろ姿が目に留まりました。
後ろを振り向き、マムたちを見たときの笑顔も
いつになくしおらしく、そして、お姉さんぽくて...


e0194444_18545020.jpg

さあ、最後から4番目、
マコちゃんの番になりました。
楽曲は、久石譲作曲 "風の通り道"
バダジェフスカ作曲、"乙女の祈り"です。




ソフトタッチで時には力強く、
とっても美しい音色が、場内に
響き渡ります。




塾や習い事でピアノの練習に
十分な時間がなかったのですが、
小さな身体を調べにのせて、
揺すりながら弾く姿、今日が一番、
ピアノに浸りきっているようでした。




ノーミスで演奏をする事ができて、
いつもの満面の笑顔...カズマくんや
会場まで来てくれたお友だちから、
花束を貰うのを見ながら、娘、夫やマムも
胸を撫で下ろしました。


         





[PR]

冬将軍に震えて 


季節はいつか、移り変わり
今日は大寒を迎え、日本中が
厳しい冬将軍に震えているよう。

e0194444_20525872.jpg

カーテンを明けると、
真っ白に霜を被った緑やお花たち...



樹木はすべての葉を落とした枝先を
冷気の中に差し伸べています。


e0194444_20522083.jpg

霜は溶けていくものの、
今日は凍り付きそうな雫が、
かすかな音と共に静かに
落下していきます。



そう、お話しは変わりますが、
既にゴールドコーストに帰った
息子夫婦ですが、お嫁さんが
作ってくれたご馳走を次回upしますね♪



「まだまだ、食べて
   頂きたいモノがあるのですが。」と、
言っていましたが、息子の言うとおり
プロ級の腕前で、マムもお勉強になりました。



1ヶ月程の帰国でしたが、
家族揃って生活をしていたので、
とても、寂しい思いと楽しい日々が
交錯しています。




※諸事情により、少しの間コメント欄を
 閉じさせていただきます...どうぞよろしく
 お願いしますね。


         





[PR]

2017 ガレット デ ロワ


新年を迎えて、最初のにいただく
お菓子は、ガレット.デ.ロワです。



フランスのお正月では、どこの家庭も
公現節をお祝いするために家族揃って
いただきますね^ ^


e0194444_18031772.jpg


切り分けて食べると、そのなかに
フェーブという陶器のマスコットが
入っていて、あてた人は王冠を被り
その1年幸せに暮らせる...という
ワクワクゲーム付きのお菓子。




フワフワホロホロしない重力を感じる
逆折りのパイ生地(ランベルセ)と、
クレームのバランスがとてもよく、
本当に美味しかったです。




さあ、そして、今年、フェーブを
あてた人は夫でした!




フェーブはマコちゃんのコレクションに
加わり、王冠はカズマくんの頭に...。



        
         






[PR]

,