カテゴリ:Hobby( 6 )

ミモザのティア.ドロップ.リース


寒さに震えた冬に別れを告げて、
強風と一緒に春がやってきていました。




ガーデンの木々や花たちの命の芽吹きに、
マムも胸を弾ませている今日この頃ですが、

e0194444_00312359.jpg


マムガーデンも、ひときわ
エネルギッシュにミモザの花が
満開を迎えています。




ミモザと言えば、
フランスやイタリアでは、
春を告げるお花と言われ、3月8日は
ミモザの日というお祭りがあります。

e0194444_00322385.jpg


その日、女性は、男性が探し求めて
奔走したミモザを髪や胸に飾って、
誇らしげに一日を過ごすそうです。




日本では、まだまだ
定着していないお祭りですが、
ミモザの王冠を作ったり、
お部屋に飾って、楽しむのも
素敵ですね。




さあ、明日は娘のバースデーです ^ ^
お仕事がお休みの娘と家族で
お食事をしようと考えています。



          
           
          



[PR]

ハーダンガー刺繍のポーチ

二年越しでチクチク...
真っ白な生地にブルーの糸、そう、
夏に向けて始めたのですが...^_-


e0194444_14321418.jpg


この刺繍は、ハーダンガー刺繍といい、
ノルウェー・ハルダンゲル地方で育まれた
伝統的な刺繍だそうです。



麻布の目を一針一針追いかけて、
作った美しい幾何学模様と、繊細な
透かし模様が特徴です。



ステッチを施したら、
布の織り糸をカットして抜き、
残った織り糸をかがります。



この布がどんなふうに仕上がるのか、
イメージを膨らませながらの手仕事...、



「 穏やかな心持ちで、同じ力加減で
リズムよく刺す。それが一番美しく
刺すコツよ! 」と、北欧在住が長かった
叔母からのアドバイス♪

e0194444_138849.jpg


出来上がった作品は小さなポーチですが、
ブルー糸のエレガントな刺繍も大満足!



「お母さまのセンス、本当に素敵!」と、
目を輝かせてくれる息子のフィアンセに
プレゼントしようかしら!?



今日もお越しくださりありがとうございます。
 娘家族の住んでいたマンションも売却が決まり、落ち着いた日常に
 戻るのもあと少し...





         
 
[PR]

ビオラとパンジーの大人買い♪


初秋から、マムガーデンで、
女王の座を譲らなかった
濃いピンク色のダリアが、まだ、
蕾をたくさんつけています。

e0194444_109854.jpg



さて、昨日は、ようやくお花やさんに行って
ビオラやパンジーを大人買いしてきました♪



お店風にアンティークの
入れ物に入れて…

e0194444_9172270.jpg


花壇を、全部、植え替えるためには
まだまだ、揃える必要がありそうだわ。



薄いブルーの花は
プリンセススミレ・ムーランルージュ、
フリル咲パンジーです。↓

e0194444_9223247.jpg


これも特別な名前のないビオラと
白いシクラメン。↓

e0194444_9234087.jpg


どの花をどのように配置して植えるか、
まだ決めていなくて……でも、それが、
これからのマムの楽しみなのですが*^^*


e0194444_9331436.jpg


↑ お花の一部を使っての寄せ植え!
さあ、これから、もう少し成長して、
もっと素敵に見栄えしてくることを
願って… ^_- ウフッ



※ミニバラ、ラベンダー、ビオラ、
アリッサム、ホワイトシック、
ディコンドラ・シルバーフォールズ
での寄せ植えです。



              
[PR]

レースフラワーのアレンジ

花屋さんで買ったかすみそうと
マトリカリア、そして…、
マムガーデンに咲いた、レースフラワーの
アレンジをしてみました。

e0194444_1149225.jpg


レースフラワーは、
晩春から初夏に…、すらりと伸びた
花茎の先に、白い小花が集まって、
半手まり状になり、



さらに、半手まり状の花が中心部から
わき上がるようにたくさん集まって、
大きな傘状の花になります。

e0194444_11501642.jpg


繊細で優しい白いレース編みのような花、
ホワイトレースフラワー♪



花言葉「細やかな愛情」は、
白い小花と小花がレース編みの
ドイリーのように見える事から
つけられたのでしょうか!?

e0194444_11511313.jpg


エレガントな、
白いレース編みのようなひとつひとつの
小さな花の愛らしさは、心を虜にしています *^^*

         

               
[PR]

手縫いティーコゼー

一段と寒くなってきましたね、
お部屋でのティータイムは、至福の時です。
コーヒーも好きなのですが、コーヒーは体を冷やすと
言いますし、最近は、温めてくれる紅茶を
いただくようにしています。


そう…先日、お友だちが手作りをしてくれた
ドール.ティーコゼーを、みなさまから
お褒めいただいて、とても嬉しかったので
マムも、ティーコゼーを作ってみましたの!


今週は、プリザーブド…のレッスンもなく、
ゆったりした1週間でした。

e0194444_2193482.jpg

以前、ロンドンのアンティークショップで買った
スージークーパーのカップを置いてみました♪


そんな合間に作ったのがこちらのティーコゼー。
大好きなパープルの生地にレースとビーズで
飾りをつけました。


久しぶりに針を持つと、時間もゆったりと
流れていくように感じます。


このティーコゼーに合う
テーブルコーディネートを考えたりするのも
楽しいものですね。


生地だけでも可愛いのですが、
レースとビーズを付けると ↓
もっとラブリーになりました。
e0194444_21112781.jpg


e0194444_21121915.jpg


今日は、ラベンダーの ↓ ハーブティーを♪
e0194444_2113471.jpg



いつもなにかとバタバタしていますが、
ティーコゼー(手縫い)を作る時間が
なんとも楽しく、豊かな気持ちになれた
みたい~(^_^



人気ブログランキングへ
[PR]

アンテプリマとの出会い・・・マムも作っちゃいました♪

モダンでシンプルなデザインのウェアや、
ワイヤーコードを編んで作るバッグなどで知られている
アンテプリマをご存知の方も多いと思いますが・・・。




なんと、このブランドは、
クリエイティブ・ディレクター荻野いづみさんが
イタリアから発信するブランドなのですよね。




そんな訳で、もちろん、本社はイタリア。
そして、ぜ~んぶ、手作りなのです♪





娘がローマへフライトの際に、
お土産にと、バッグと、携帯のストラップを
貰った事がきっかけで、マムは、このブランドを知りましたの。




e0194444_15591013.jpg

アンテプリマのアンテ(ante)は、イタリア語で「~の前」という意味
プリマ(prima)は、バレエのプリマドンナでもお馴染みですが、
「第一の、初めの」という意味です。

「初めの前」? 実は、アンテプリマには「デビュー前」という意味があります。


バッグもストラップも、
光にあたるとキラキラして本当にかわいいです。



e0194444_2016391.jpg




携帯ストラップも、ズーッとして愛用していますが、
かわいすぎて、ただいま3代目のストラップです。



e0194444_15594597.jpg

難点は使い続けると、チェーンが変色するのと
お花のチャームがくたびれてしまいます。





本当にかわいいので、チェーンが変色しても、
チャームがくたびれてしまうと、
また同じモノが欲しくなってしまいます。




e0194444_17512984.gif





そして、いくつか溜まってしまった
円形のチャームを利用したくて、
それを活用するために
ビーズのミニチュア・バッグを
手作りしちゃいましたの。




マムは、ミニチュア・ビーズ・バッグのキッドを
手芸のお店でGetし、アンテ・プリマを真似て、
バッグ型の携帯ストラップを作っちゃいました♪


e0194444_10221299.jpg




気が向いたら数十分づつ・・・という感じで
編み込んだのですが、2~3日で簡単に出来ちゃいました♪




これから、携帯を見る度に、
ニンマリしてしまいそうな気がします。
[PR]

,