Top
カテゴリ:Favorites( 94 )
Top▲ |
お気に入りの紅茶と...
叔父夫婦の北欧旅行の
お土産だったこの紅茶、ノーベル賞受賞式で
ふるまわれるストックホルムの紅茶です。



マルコポーロに次いでマムのお気に入り♡


e0194444_16000428.jpg

         ♡ ロイヤルセーデルは、スウェーデン王室・ヴィクトリア王女の

          御成婚の時のお引出物として特別にブレンドされたものだとか。

        クラシック缶も、一つだけ違うデザイン特別にデザインされたもので

              とてもシックでかわいいですよね ♡


ローズ、オレンジピール、マリーゴールドの
花びらやヤグルマギクの花びらなどが入った
香り豊かな紅茶で、これからの季節はアイスも
美味しいですね。



そんな紅茶のお供には、学生時代の友人でもある
花友さんからいただいたメサージュド·ローズの
花びらを一枚ずついただきます。



e0194444_16075923.jpg
ご存知の方もいらっしゃると思いますが
これは、バラのショコラなのです。



今、バラの咲き誇る時、
ティータイムを、こんな風に
バラを楽しむのも素敵ですね♡



こんなにバラづくしに
しなくても···という声も聞こえて
きそうですが···· ^-^; (笑



バラの花束を女性に贈るのはなんだか
くすぐったい様な気がしたけれど、
これだったらいい感じで渡せるわ···と、
花友さんが···♫



        





[PR]
Top▲ | by marie_josephe | 2017-05-26 16:22 | Favorites | Trackback | Comments(8)
贅沢な遊び ♡
今日は、1年に一度の贅沢を噛みしめました♡
バラの花びらの絨毯の上を歩いて、
上を見上げると...


e0194444_18042727.jpg

しなやかに枝を長く伸ばしている
ポールズヒマラヤンムスクの
ハラハラと舞い落ちる姿が美しい~♫



🍀   🍀   🍀   🍀   🍀 



そして、今日のバラは、
マムガーデンのニューフェイスです。
このバラはある方から鉢植えで頂いた
アンブリッジローズです。

e0194444_18081151.jpg

バラの初心者の方が、
イングリッシュローズで
四季咲きの木立をお探しなら、
マムは真っ先にお勧めしたいです。



その理由は、何より丈夫さ!
強い樹勢で、少し元気がなくなっても、
すぐに、芽がグングンと伸びて...



気がつくと優雅なお花を咲かせ、
たっぷりと楽しませてくれます。



次のお勧めは、アルベリックバルビエ。
  乳白色のバラです ▼

e0194444_18082914.jpg
品の良い乳白色で中心が淡い黄色がかる
ロゼット咲きで、ほのかにティーの香りが
します。



花がら摘みも、マコちゃんのお気に入り遊び♫



       




[PR]
Top▲ | by marie_josephe | 2017-05-23 18:30 | Favorites | Trackback | Comments(14)
帽子とライラック

森の中に佇む...まるで、英国の
コッツウォルズ地方に迷いこんで
しまったみたいでしょ!?


こちらは、GWに訪れたお帽子の
お店なのです。

e0194444_23514284.jpg


東京はもちろんですが、
遠くからもこちらのお帽子の
ファンでいらっしゃる方が、
たくさんお見えになるそうです。


帽子を被っていらっしゃるのを見かけると
すぐに、コテージさんの帽子だわ∽、と、
分かるほど素敵なのです。


被られているみなさん、きっと、
気分も違うんじゃないかしら!?

        

  👒 👒 👒 👒 👒 👒 👒



お話しが反れますが、
マムは、子供の頃からライラックの
花に憧れていました。

e0194444_23522229.jpg


原産国、フランスの香りが
したからからかしら!?


その憧れのライラックを
8年程前に植えました。


毎年、薄いピンク色の花を房状に咲かせ
優しい香りを漂わせてくれます。


今日は、夫にお願いをして、
コテージの帽子を被り、ライラックの傍でパチリ!

バックショットですから、
気分の悪くなる方は、
いらっしゃいませんわね ^_- (笑




            




[PR]
Top▲ | by marie_josephe | 2017-05-21 00:04 | Favorites | Trackback | Comments(10)
Mother's Day 二人の娘

大きな花束と一緒に
メッセージが添えてありました。


e0194444_23261004.jpg

『 マコちゃんを授かったときに、
 私より早く気付いてくれていたマム。
 それを告げた時、涙を流して喜んでくれたよね。
 あの時、あなたの娘でよかったと心から思いました。
  ありがとう ♡ 』




娘からの母の日のプレゼントでした。




息子のお嫁さんからは、
スカラップとドットが可愛い
コースターが贈られてきました。

e0194444_23272957.jpg

e0194444_23291798.jpg

可愛い過ぎるコースター、
コレクションの仲間入りです
お礼をするつもりが、
またまた長電話を
してしまいました ^ ^;



        

         





[PR]
Top▲ | by marie_josephe | 2017-05-15 12:51 | Favorites | Trackback
jour de muguet  ミュゲの日
いよいよGWがやってきました。
長いお休みを利用して、国内外へ
お出かけになる方々の大移動が
始まりましたね。




それとは関係のないお話しですが、
明日5月1日はスズランの日..
フランスでは「 jour de muguet 」と
言います。

e0194444_16315991.jpg

この日は、愛する人や大切な人、
お世話になった人達へ
幸運のお守りとして、スズランを贈る
習慣が、あります。




フランス語でスズランを
ミュゲ「muguet」という事から
ミュゲの日とも言われています。




この日がGWちゅうでなければ、
日本でもこの習慣が定着するかも
知れませんね。




スズランはとても可憐で可愛らしく
素敵な香りもありますよね♪

e0194444_16323700.jpg


モナコ王妃となられた、今は亡き
グレース・ケリーのウエディングブーケも
スズランだけのシンプルなブーケだったとか!?




香りは、イヴ・サンローラン
クリスチャンディオール
ディオリッシモが有名だったような
記憶があります。




マムガーデンにも
ドイツスズランが植えてあるのですが、
繁殖力がすごくて、根で鉢が割れて
しまったことがあるくらい..^ ^;





※最後にマムガーデンの今日のバラは..
 アルエべリックバルビエ
e0194444_16491208.jpg
フランスの雰囲気が漂うような..
実際、フランスのあちこちの庭で見かけて、
こんなにも植えられているのか、とその数に驚きました。
フランスでも代表的なバラなのでしょうね。







          





[PR]
Top▲ | by marie_josephe | 2017-04-30 16:57 | Favorites | Trackback | Comments(18)
春の小花アレンジ
e0194444_21584248.jpg

たくさんのお花のアレンジメントを
楽しむ事が多いマムですが、
たまには、小瓶を使った花飾りです。





下の花瓶は、どれもアーチストさんの
作品で本当に可愛らしいのでお気に入り♪
狭いスペースなどにも置けて、花瓶だけでも
お洒落なので重宝しています^ ^

e0194444_21593914.jpg
ちょっと大きめな白いお花は
ホワイトレースフラワーで、真ん中奧は
カスミソウです。

e0194444_22012918.jpg

そして、透明のグラスには、
マコちゃんとカズマくんがお庭で
摘んだお花たち..

e0194444_22002902.jpg


「あーっ、チューリップをわすれちゃった!」カズマくん。

「小さなお花のなかにチューリップは入らないわよ!」マコちゃん。



   

           





[PR]
Top▲ | by marie_josephe | 2017-04-21 22:11 | Favorites | Trackback | Comments(10)
桜、お気に入りの場所

今年の桜は、マムのお気に入りの
場所で締めくくりかな~^ ^




東京で一番好きな桜の場所。

e0194444_18513433.jpg


そこは、Parisのブローニュの森を
彷彿とされる、砧公園です。
公園の中には美術館もあり、フレンチの
ル.ジャルダンもあります。




そして、ゴルフ場だった事もあって、
人が少なく、レジャーシートを
広げる光景はほとんどありません。



e0194444_18521373.jpg


ル.ジャルダンの駐車場に車を停めて
公園の中に入り、紅枝垂れを左に見て
その先の小さな橋を渡ります。


e0194444_19081860.jpg

そうした先に広がる巨大な芝生。
そして、桜の巨木たち!

e0194444_19085423.jpg


いく層にも重なって遥かに続く
さくらグラデーション。
e0194444_19092793.jpg

枝を切られることもなく、自然のまま
成長したままの樹形は、まさに地を這うように、
地面まで自由気ままに枝を伸ばして
素晴らしい景観を見せてくれました。

e0194444_19104567.jpg

桜が終わり、木々が緑色に覆われる時、
確かに、ここはブローニュの森に似ていると思います♪




           





[PR]
Top▲ | by marie_josephe | 2017-04-12 19:28 | Favorites | Trackback | Comments(18)
夜桜ドライブ

桜が満開になりました。
マムガーデンの桜、ご近所の桜も
風にはらはらと散って、街中が
薄紅色に染まっているかのようです。




さて、昨日は家族そろって
恒例の都内夜桜ドライブをしました。
都心ならではの眺めです。




まずは、六本木ヒルズからスタート♪ 
毛利庭園の芝生の上からのショットです ^ ^

e0194444_10495541.jpg
ヒルズの桜は、絶対夜が素敵!
ヒルズ内にある桜もライトアップされていて
とても美しいです、是非、庭園から桜を見てね。
-池にも桜が写りこんでいます-




そして、次はミッドタウン。
ミッドタウンの桜は、ほのかにピンク色に
ライトアップされていました。
e0194444_10514113.jpg




そして、アークヒルズ 桜坂。
ビルの間を埋めるように咲く
夜桜の光景は、圧巻です。

e0194444_10552846.jpg


次は、千鳥ヶ淵にいく予定でしたが、
あまりの人の多さにスルーしました。

e0194444_10571478.jpg


そして、日本橋 ↑
じつは、この時季、
とっても魅力的な場所なのです。
日本橋がピンク色に染まります♪

e0194444_10584466.jpg


ピンク色に染まりるこの建物は、
三井本館の歴史的建物、他.
コレド室町1-3などが、桜をモチーフにした
幻想的なライトアップで盛り上がります。





都心の素敵な場所、まだまだ楽しみたいです。
終止運転手だった夫、お疲れさまでした。
 
「 ボクのご褒美は団子でいいよ!」(笑




          





[PR]
Top▲ | by marie_josephe | 2017-04-07 11:27 | Favorites | Trackback | Comments(12)
暖炉のリフォーム
厳しい寒波が日本中を覆って、
誰もが春の訪れを待ち焦がれて
います。



みなさまは、如何お過ごしでしょうか!?




実は、我が家では古い暖炉を
リフォームしていただいていました。
e0194444_16065490.jpg


夫の両親が健在の頃、冬は暖炉が
お気に入りで、訪問すると心地よい
暖かさに、気持ちが和むようでした。




夫とこの家に住むようになった時には、
薪ストーブや床暖房で冬を
過ごしてきたのですが...




マコちゃんやカズマくんの事を考えて、
薪ストーブをやすませて暖炉を復活させようと
言うことになりました。




床と壁のリフォーム、煙突の掃除など、
あれこれ迷いながらでしたが、今では
大満足です。




電気やガスと違ってコスパも良いですし、
あたたかな炎を囲んでの語らいは、心を
豊かにしてくれます。



             



[PR]
Top▲ | by marie_josephe | 2017-02-11 16:08 | Favorites | Trackback
2017 ガレット デ ロワ

新年を迎えて、最初のにいただく
お菓子は、ガレット.デ.ロワです。



フランスのお正月では、どこの家庭も
公現節をお祝いするために家族揃って
いただきますね^ ^


e0194444_18031772.jpg


切り分けて食べると、そのなかに
フェーブという陶器のマスコットが
入っていて、あてた人は王冠を被り
その1年幸せに暮らせる...という
ワクワクゲーム付きのお菓子。




フワフワホロホロしない重力を感じる
逆折りのパイ生地(ランベルセ)と、
クレームのバランスがとてもよく、
本当に美味しかったです。




さあ、そして、今年、フェーブを
あてた人は夫でした!




フェーブはマコちゃんのコレクションに
加わり、王冠はカズマくんの頭に...。



        
         






[PR]
Top▲ | by marie_josephe | 2017-01-14 17:55 | Favorites | Comments(2)
| ページトップ |